ArcBlock 期待のICO 次世代のBlockchain3.0

 

ArcBlock

 

ArcBlockは第三世代のブロックチェーンとして位置づけられているものになります。

 

Blockchain 3.0とは

Blockchain 1.0 = データ:Bitcoinで表されるデータストア

Blockchain 2.0 = Data + Smartcontract :スマートコントラクトと組み合わせたデータストレージ、Ethereumに代表される。

Blockchain 3.0 = データ+スマートコントラクト+クラウドノード+オープンチェーンアクセス+ブロックレット+ ArcBlockで表される自己進化

したがって、
Blockchain 3.0プラットフォームはBlockchain 2.0から進化し続け、
ArcBlockによっていくつかの新技術で使用されます。

 

ArcBlockは、
集中管理された組織によって構築されたソフトウェアプラットフォームだけでなく、
自己開発のエコシステムです。

企業のArcBlockとArcBlock Foundationがプロジェクトを開始し、
そのプラットフォームがトークンに基づいて開発され、
経済が成長します。

 

ArcBlockプラットフォームは、
「トップダウン」の戦術を中央のユーザエクスペリエンスで使用します。

ArcBlockアプリケーションはリアルタイムの操作を提供します。

ブラウザ(プラグインなし)から直接アクセスすることも、
アプリストアからダウンロードしたモバイルアプリケーション上で実行することもできます。

 

ArcBlockはクラウド上で動作するように設計されています。

予定ではArcBlockはAmazon Web ServicesとWindows Azure上に構築され、
後でGoogle Compute Engine、
中国や他のプラットフォームの大型クラウドサーバをサポートするように拡張される予定です。

 

Blockletについて

 

Blockletは、
ArcblockのOpen Chain Access Protocolを介してBlockchainに接続する、
さまざまなアプリケーションを実行するための非サーバコンピュータアーキテクチャです。

誰もがそれを使ってサービスやコンポーネントを構築し、
システムに貢献することができます。理解しやすいように、
Blockletは、Blockchain上のライブ/オープン “ブロック”プロトコルで、
ホストする中央サーバを必要としません。

誰でもそれを使用してサービス、コンポーネントを構築し、
システムに貢献することができます。

 

ICO参加方法

下記リンクをクリックして、
登録を行います。

ArcBlock

 

 

上記から登録を行います。

 

ダッシュボードログイン後、
すぐにKYCがありますので、
済ませておきます。

 

※KYCについて
通常KYCの、
名前の所はローマ字で書いていると思いますが、
ArcBlockのKYCでは、
アップロードする証明書に記載されている文字を記入します。

従って運転免許所の場合は、
日本語の名前を記入します。

 

KYC期限:1月28日まで
ICO期間:2018年2月3日〜2月10日
購入トークン:Ethereum
価格トークン:1900 ABT / 1 ETH
総供給トークン:186,000,000 ABT

 

ArcBlock