LHCrypto ICO 利益を保証したICOトークン

 

LHCrypto ICOページ

ICO参加リンク

 

LHCryptoの概要

LHCryptoの運営元は、
LARSON&HOLZという、
FX取引所を運営しています。

 

 

そして今回のLHCryptoのICOは、
新しく仮想通貨版のFX取引所を立ち上げるプロジェクトのICOになります。

 

発行される通貨はイーサリアムのトークンで、
LHCoinです。

 

LHCoinで利益を得る3つのポイント

1.アーリーバードボーナス

LHCryptoのICOでは、
アーリーバードボーナスの仕組みが取り入れられています。

 

アーリーバードボーナスとは、
ICOの期間が経過するごとに、
販売価格が上昇していく仕組みです。

 

 

従って、
早く参加した方が、
より良いレートで取得できた事になり、
取引所に上場した時に有利なレートで取引が開始できます。

 

この手法はレンディング通貨のICOで良くみられる方法で、
効果的なやり方だと思います。

 

2.キャッシュバックプログラム

LHCoinを保有していれば、
LHCryptoで発生した5%の取引手数料が、
キャッシュバックとして毎月受け取れます。

 

 

3.1年後に20%の価格上昇を支える制度
  トークンレート保険制度

※抜粋と日本語約

通常投資家は、
トークンの市場価値の増加を得ることを期待しています。

 

また同時に、
投資家はすべてのリスクを抱えています。

 

しかし、我々のプロジェクトでは心配ありません!

 

私たちはプロジェクトの成功に自信を持っています。

 

私たちは、トークンの年間収益高を20%のレベルに保つ責任を負っています。

 

トークンの最低利回りは、
以下の方法で保証されます。

 

ブローカーは、各ICO投資家にパーソナルエリアを提供し、
ICO投資家ごとに実際の取引口座を登録します。

 

ブローカーの顧客の他のアカウントと同様に、
このアカウントはMetaTraderに登録されています。

 

口座は、従来の取引口座と同様に使用できます。

 

つまり、投資家は資金を入金または引き出して取引を行うことができます。

 

しかし、このアカウントの主な目的は、
購入したトークンと資金がLHCoinに接続されていることを示すことです。

 

LHCoinトークンが市場に出てから1年後に価格が少なくとも20%上昇しなければ、
ブローカーは標準条件に従って、投資家の個人口座への不足額をボーナスとして累積します。

 

ブローカーの標準的な規則に従って、
ブローカーのリストから他の資産のボーナスを交換したり、
アカウントから引き出したりすることができます。

 

このようなトークン市場価格を一定の水準で支える制度を「トークンレート保険制度」と呼びます。

 

ICOの期間

プレICO:2017/10/30~2017/12/02
ICO:2017/12/04~2017/12/31
POST ICO:2018/01/01~2018/01/31

 

ICO参加方法

下記リンクをクリッして下さい。

ICO参加リンク

 

 

最初にメールアドレスを登録して、
折り返し届く認証メールのリンクをクリックすると、
パスワードの設定にいくので、
そこでパスワードの入力を行います。

 

ダッシュボードログイン後、

上記をクリックして、
トークン受け取り用のイーサリアムのアドレスを入力します。

※取引所のアドレスは使用できません。

 

 

ダッシュボードのメインページに、
購入ページがあり、
購入に使用できる通貨はETHとBTCで、
それぞれの送信先アドレスが表示されますので、
そこに送信を行います。

 

感想

かなりICO参加者に配慮をしていて、
トークンレート保険制度とは初めて聞きました。

 

トークン保有で得られるキャッシュバック制度もあり、
面白そうな案件だなと思ってます。

 

LHCrypto ICOページ

ICO参加リンク