LiveEdu ICO スキルを学ぶ動画プラットフォーム

 

LiveEdu ICO

 

Pre-ICO開催中:1Ether = 3300EDU

ICO:2018年1月15日〜2018年2月10日

 

LiveEduについて

LiveEduは、
テクノロジーにおける職務スキルを向上させるための、
分散型ピアツーピアプロジェクト学習プラットフォームです。

 

LiveEduはオンライン教育のためのYouTubeを構築しています。

 

ちょうどツイッチが、
YouTubeからゲームカテゴリーを取り出して、
それを独自の大きな枠に組み込んだのと同じように、
LiveEduはオンライン学習プラットフォームを構築します。

 

各プロジェクトには、
ライブストリーミングチャンネル、
ビデオプロジェクトプレイリスト、
ライブチャットウィンドウが含まれています。

 

各ライブストリームは自動的にビデオとしてアーカイブされます。

 

LiveEduは、
プログラミング、ゲーム開発、データ分析、
デザイン、拡張現実感、仮想現実、人工知能、
暗号化通貨の7つのトピックから始めて、
世界最大の学習ネットワークを構築していきます。

 

LiveEduは、
460億ドルの巨大なグローバルオンライン教育市場をターゲットにしています。

 

LiveEduのネットワークは、
中国語、ロシア語、ポルトガル語のプロジェクトをカバーします。

 

LiveEduは、
ストリーマーによって作成されたプロジェクトのコンテンツ品質に基づいて、
最終的に成功するか失敗するかが決まります。

 

プロジェクトが教育的で構造化され、
質の高いものであれば、
視聴者はそれらを購入するでしょう。

 

LiveEduは最高のコンテンツ制作者を呼ぶように考えています。

 

市場のビジネスを構築する場合と同様に、
まずは供給側(コンテンツ)を構築する必要があります。

 

したがって、
LiveEduはコンテンツ制作者に十分なインセンティブを与えることによって、
巨大な初期のコンテンツライブラリを素早く構築するよう考えています。

 

LiveEduの既存のビジネス(ビュー、ストリーマーなど)

ソフトウェア開発プロジェクトを中心に、
2015年末にアルファ版をリリースして以来、
194ヵ国の1,000,000人以上が製品を使用してきました。

 

13,000以上のストリーマー(プロジェクトクリエーター)が20万以上のビデオコンテンツを制作しました。

 

2017年には、
ゲーム開発、データ分析、デザイン、拡張現実感、
仮想現実、人工知能、暗号化通貨の6つの新しいトピックを追加してプレミアムプロジェクトを開始し、
トピック数を増やしました。

 

ブロックチェーン企業には、
プロトコルとアプリブロックチェーンの2種類があります。

 

LiveEduは、
アプリケーションブロックチェーン会社であるICOを運営する企業の99%のようなものです。

 

ERC-20トークンを使用して、
既存のブロックチェーン、
すなわちEthereumの上にブロックチェーンスマート契約技術を構築しています。

 

LiveEduネットワークは、
ブロックチェーンのスマート契約トークン化に非常に適したモデルです。

 

トークン化は、
LiveEduが需要側と供給側の両方で迅速にネットワークを構築するのに役立ちます。

 

ICO参加方法

下記リンクをクリックします。

LiveEdu ICO

 

 

上記Contribute Nowをクリックして、
メールアドレス、名前、支払い通貨と購入数量を記入します。

 

 

記入後、
折り返し、
送信先アドレス情報がメールで送られてきますので、
そこに送金したあと、
送金したトランザクションを、
先程のメールに返信します。

 

サイト内の「トークンの購入方法」も、
ご覧下さい。

 

LiveEdu ICO