NAMCOIN ICO ホリエモンも注目の医療システムに革新を起こすプロジェクト

 

NAMCOIN ICO

 

NAMCOINのプロジェクト概要

NAMプロジェクトは、
人工知能(AI)とブロックチェーン技術を組み合わせて、
日本の医療システムに革新を起こすためのプロジェクトである。

 

現在の医療には、大きく分けて問題が3点ある。

1. 医師が自分たちの治療により、患者が良くなったか把握することはできない点
2.日本における電子カルテの普及率が50%に止まっている点
3.日本で保険診療で受けられる治療は、世界から4年も遅れている点

NAMは、
これらの問題をAIとブロックチェーンを利用して解決していく。

 

具体的には、

1 . AIを使うことで、医師は患者の経過を完全に把握
2. ブロックチェーンを利用し低コストで安全な電子カルテシステムを作成
3. 世界の最先端の治療や検査をNAMが持つAIクリニックが提供

することで解決する。

 

NAMの事業は、
2016年の経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構「未踏事業」において
NAMの代表者である中野哲平が開発したものを基礎に置く。

 

「日本の医療を救う電子カルテ検索システムの開発」と題した本システムは、
電子カルテ連携から、僻地医療、医師間の連携、
最先端のAIのモデルの導入などの基盤となるシステムであり、
次世代の医療にて大きな成果を上げられると考える。

 

上記に述べた事業を拡張するには、複数の病院との連携、サーバーの強化、
人材の確保を含めた莫大な開発費用と設備費用が必要である。

 

この必要な費用を、
導入に当たる利用料としてユーザーから徴収することを我々はしない。

 

なぜなら生活に余裕のある人だけ本サービスを利用することで恩恵を受け、
余裕がない人は利用できず恩恵を受けることができないからだ。

 

誰にでも平等にシステムを導入、利用してもらうためにも、
ICOという形で資金調達を行い、システム利用費を0にして普及させるという計画である。

 

人間の価値は皆平等であり、
医療は全ての人に提供されるべきサービスである。

 

より詳しいプロジェクトの内容は、
下記ホワイトペーパーで続きをご覧下さい。

ホワイトペーパー

 

プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダー:中野哲平

慶應義塾大学医学部を卒業

経産省管轄IPA独立行政法人情報処理推進機構にて2016年、2017年、未踏事業委託

 

NAMCOINの注目度

様々なメディアや著名人も注目しています。

 

日経デジタルヘルス

AIとブロックチェーンで医療に衝撃を

AMP

「チャットボット型電子カルテ」は医師と患者のコミュニケーション問題をクリアする!医療系AIスタートアップのNAMが提供を開始

SankeiBiz

NAM、AI活用の電子カルテ LINEで症状書き込むと回答

 

堀江 貴文さんも注目しています



 

ICO参加方法

下記リンクをクリックして下さい。

NAMCOIN ICO

 

 

ページを下に少しスクロールして、
上記フォームから参加登録を行います。

 

ICOは2017年12月24日にスタートしますので、
24日になったら先程登録したダッシュボードにログインし、
購入が行えます。

ICO終了日は2018年1月31日です。

 

NAMCOIN ICO