Ontology (ONT) 上場したら即買いしたい通貨

 

HP:https://ont.io/

 

OntologyはICOが行われず、
エアドロップのみが行われました。

 

グループとしては、
NEOなどのグループに属しています。

 

Ontologyの技術としては、
分散アイデンティティ検証、
データ交換、データコラボレーション、
手順プロトコル、コミュニティ、アテステーション、
および様々な業界固有のモジュールを組み合わせたブロックチェーン/分散型元帳ネットワークとなっていますが、
私がこの通貨を欲しいと思う一番の要因は、
NEOのトークンモデルと同じ様に、
ガバナンストークンのONTと、
ガストークンのONGの形式
になっている点です。

 

NEOをウォレットに所持していたらGASが増えていくように、
ONTを所持していたらONGが増えていきます。

 

恐らくプロジェクトもなんか凄いんだろうなとは思うのですが、
どうしてもこっちの方に目が行ってしまいます(笑)

 

という事で、
今一番注目している通貨がOntology (ONT)になります。

 

Ontology WPより

Ontologyプロジェクトは、
2017年11月に発表され、
クロスチェーン、クロスシステム、クロスインダストリー、
クロスアプリケーション、クロスアプリケーションを可能にするネットワークを構築することで、
実世界とデジタル世界をつなぐ公共のブロックチェーンインフラストラクチャです。

 

データマッピングやスマートコントラクトなどのテクノロジによるクロス端末トランザクションは、
Ontologyを使用して複数の場所にあるデータソースを参照して、
人物、オブジェクトまたはデータのIDを認証することによって信頼を作成することができます。

 

Ontologyはまた、
アイデンティティの検証、データシステム、
および基盤となるインフラストラクチャが様々な法的枠組みに準拠していることを保証するための手段を講じています。

 

オントロジーはさまざまな法律、規則、技術標準、システムアーキテクチャ、
機能要件を持つ地域や組織が異なるため、
オントロジーコモンとオントロジーカスタムの2つの設計フレームワークを開発しています。

 

Ontologyコモンは、
多くのビジネスシナリオに共通する基本的なモジュールとプロトコルを備えているため、
統合の障壁が減ります。

 

これらのうちのいくつかは、
アイデンティティ管理モジュール、データリソース管理モジュール、
スマート契約取引モジュール、およびピアツーピア通信モジュールを含む。

 

これらの機能にアクセスすることで、
開発者は分散型の元帳技術を気にせずに分散アプリケーションを迅速に開発できます。

 

Ontologyカスタムは、
パブリックチェーンのカスタマイズ可能なプロトコルとモジュラーデザインを網羅しています。

 

Ontologyのカスタム設計機能には、
ルーズカップリング、シングルモジュール、シングルファンクション、
水平スケーラビリティ、多様なOntologyファミリなどがあります。

 

多くの利用可能な公開チェーンの1つでこれらの機能を使用することで、
特定のコンプライアンス、ガバナンス、コンセンサスの要件に従ってアプリケーションを構築できます。

 

これらのフレームワークは、
開発者にあらゆるタイプのビジネスシナリオ用の分散型トラストアプリケーションを構築するために必要なツールを提供し、
Ontologyはプラットフォーム上で開発するビジネスを歓迎しています。

 

Ontologyの機能的要求は永遠に進化するため、
効果的かつ効果的なガバナンスとともにコミュニティの参加と革新を促進するエコシステムは、
プロジェクトの成功にとって非常に重要です。

 

Ontologyの生態系は、
テクノロジーエコシステム、アプリケーションエコシステム、
ガバナンスエコシステムの3つの主要なサブエコシステムに分けることができます。

Ontologyは、分散された元帳、スマートコントラクト、エンティティ認証プロトコル、
分散データ交換プロトコルなどを含む様々なビジネスアプリケーションのサポートを可能にするコアレイヤアプリケーションインターフェイスを開発する予定です。

しかし、これらのシステムの構築には、複数の異なる関係者やパートナーからの共同作業が必要です。

 

テクノロジーエコシステム

テクノロジーエコシステムの参加者は、
相互に依存して1つの大きなグループを形成する個々のチームで構成されます。

これらのチームの最初のものは、
Ontologyのコアチームであり、
ブロックチェーンの革新と実装に強い能力を持っています。

同チームは、
以前は大手金融機関の技術アーキテクチャーに携わっており、
Ontology技術基盤のConcept Proof of Concept機能のラウンドを数回完了しています。

 

テクニカルエコシステムに貢献する第2のグループは、
開発、テスト、設計、ユーザーエクスペリエンスの向上を支援する個人や機関を集めるコミュニティです。

 

第3のグループは、
コミュニティと同じ貢献を多く提供する技術パートナーから構成されます。

しかし、Ontologyのブロックチェーン技術を様々な業界にもたらすだけでなく、
技術サポートサービスを統合、運用、保守することもできます。

 

Ontologyはオープンで協調的かつ革新的な開発哲学を目指し、
コアレジャー、スマート契約システム、セキュリティシステムなどの分散型元帳システムの設計を継続的に改善するために、
Ontologyは、さらなる開発、テスト、および設計を促進するために、
技術コミュニティ間の様々な形態の相互作用、共同作業、および共有を組織する。

インセンティブは、個々のニーズに応じてアプリケーションパートナーにも提供されます。

 

基礎となるブロックチェーンインフラストラクチャは徐々にオープンソースになり、
Ontologyチームとテクノロジパートナーは、テクノロジエコシステムの継続的な開発において同等の権利を得ます。

ただし、Ontologyはパートナーのプライバシーと知的財産を保護し、オープンソースや知的財産戦略を選択することができます。

 

Ontologyはまた、
地方分権型アイデンティティ基金(DIF)と中国産業省情報技術省のブロックチェーンオープンソースプロジェクトに積極的に参加し、
技術交流やその他の技術協力の一層の拡大を図っていきます。

 

ガバナンスの生態系

Ontologyのガバナンスは、
Ontology評議会によって監督されるでしょう。

理事会は、持続可能性、効果的な管理、資金調達のためのセキュリティを確保するために、
オープンソースコミュニティの日常業務を維持する。

 

Ontology評議会は、
開発委員会と運営委員会で構成されています。

運営委員会の小委員会は、エグゼクティブ、テクニカルマネジメント、
アプリケーション管理、財務および人事委員会である。各委員会は、
意思決定プロセスにおいて異なる役割と責任を持ち、優先度の高いイベントに迅速に対応することができます。

 

さらに評議員会は、
ネットワークの持続可能性、品質、およびアプリケーションを確実にするために毎年行われるセキュリティ評価を実施します。

商用アプリケーションは、Ontologyが提供する技術サポートを提供する第三者サプライヤーが主導します。

 

アプリケーションエコシステム

Ontologyは、
実世界のビジネスロジックとさまざまな業界のあらゆるタイプをサポートする豊かなエコシステムを目指す、
パブリックブロックチェーンインフラストラクチャです。

サードパーティの開発者は、
Ontology評議会が、アプリケーションとサービスの実装をサポートするためにテクニカルエコシステムリソースを統合することによって支援すると期待できます。

これにより、効率性を合理化し、コストを削減し、
信頼を向上させることができる、改善されたサービスをビジネスが提供する機会が得られます。

 

Ontologyの主なメリットは、
ユーザーが基盤となるブロックチェーンテクノロジを心配することなく、
ビジネスオペレーションに集中できることです。

Ontologyは、引き続きネットワークインフラストラクチャの改善を統合し、
ビジネスイノベーションに取り組む予定です。

Ontologyでアプリケーションを構築する企業は、
将来のアプリケーション機能の拡張を可能にする緩やかな結合設計で、
モジュール式およびプラガブルアーキテクチャによって提供される柔軟性の恩恵を受けるでしょう。

 

Ontologyは、
すべてのバックグラウンドの開発者と企業がOntology上の分散トラストアプリケーションを構築することを奨励しています。

 

これらの3つの生態系の育成とOntologyコモンとOntologyカスタムによって提供される柔軟性により、
Ontologyは新しい世代のパブリックチェーンインフラストラクチャを真にグローバルなプラットフォームにすることができると考えています。

Ontologyが提供する利用可能なモジュールとプロトコルは、
テクノロジーエコシステムのリソースを活用する能力と相まって、
合法的に準拠した分散型トラストアプリケーションの構築に必要な学習曲線を削減し、
企業にとって魅力的なオプションになる可能性があります。

 

whitepaper