REGAIN ICO 利益分配型クラウドマイニングプロジェクト

 

2017年12月18日公開予定

 

プロジェクトREGAIN概要

プロジェクトREGAINとは、
ビットコイン市場を安定化させることを目的としたプロジェクトです。

 

ビットコイン市場が安定化すれば、
ビットコインが信頼のある通貨として正しい評価を受け、
ビットコイン市場への参加者が増加します。

 

それによってビットコイン価格が緩やかに上昇し、
取引や投資について合理的採算計算ができるような予見可能性を経済主体に与えることができます。

 

そのような健全な市場を作ることが本プロジェクトの目的です。

 

私たちは、その実現には、
マイニング市場を健全化することが必要であると考えています。

 

現在、ビットコインのトランザクションを完結するために必要なマイニング作業は、
特定のいちグループが事実上独占している状態になっています。

 

さらに、そのグループが自身の利益のために相場操縦を行い、
ビットコイン価格を故意に乱高下させるような事案まで発生しています。

 

そのような不健全な状態を解決したいのです。

 

では、私たちはどのようにしてマイニング市場の健全化を図るのでしょうか。

 

既に私たちはマイニングマシン市場ではシェア2位の位置につけております。

 

また、
マイニングに必要な高性能マイニングマシンの開発も順調に進んでおります。

 

その高性能マイニングマシンと、
新しいスキーム
~当社が提供するマイニングマシンと実際に運用するマイニングプールとのレベニューシェア型でのマイニング~
を行うことによって、マイニング市場の80%のシェアの獲得を目指します。

 

それによって、特定のいちグループの暴走を許さず、
健全なビットコイン市場を醸成します。

 

私たちは「ビットコインは全てのユーザーにとって自由かつ公平であるべきだ」
という理念の元、ユーザー主導の仮想通貨の未来を強く信じ、
全てのユーザーに公平な機会が与えられることを希求しております。

 

それを実現するのが、このプロジェクトREGAINなのです。

 

ビットコインの現状

現在、法定通貨に変わる世界共通の通貨として話題のビットコイン。

 

今後、ビットコインが発展していく上で、
最重要視されてくる問題が法定通貨に対するビットコイン価格のボラティリティの高さ(価格変動の大きさ)にあります。

 

ボラティリティが高いことによる問題点は

・投資する上でリスクが高く長期的に不安定
・資産としての信頼が低く価格が大きく変動
・導入した企業の財務状況を大きく左右するため導入の弊害になる

ことが挙げられます。

 

もしボラティリティが安定すれば

・投資の上でリスクが低くなり長期的に安定
・資産としての信頼が高くなり価格が安定
・価格が安定することで企業がビジネスとして導入し易くなる

が改善します。

 

つまり、ビットコイン市場がより安定するためには、
ボラティリティを低い状態で安定させる必要があります。

 

そのためには、ビットコインの認知度を高め参加者を増やす必要があります。

 

しかし、
現在ビットコインの利便性を大きく左右するマイニング市場を、
一部のグループが独占し影響力を持ち始めています。

 

そのグループは自身の利益のために、
ビットコインの相場を故意に操縦して莫大な利益を上げており、
こういった急激な価格変動は大きな不安を生み出し参加者を遠ざける要因となります。

 

私たちは「ビットコイン市場の安定」を目指します。

 

ビットコイン市場を安定させる最大の目的は、
市場を独占した一部のグループの自分たちに有利になるように振る舞った暴走に起因する乱高下を抑止することによって、
ビットコインが信頼のある通貨として正しい評価を受け、
参加者が増加することでビットコイン価格が緩やかに上昇し、
取引や投資について合理的採算計算ができるような予見可能性を経済主体に与えることです。

 

私たちは、ビットコインの発展のため、
ビットコイン市場の安定の必要性を積極的に主張していきます。

 

プロジェクトREGAINの使命

本プロジェクトの使命は、
マイニング市場を健全化することによって、
ビットコインが信頼のある通貨として正しい評価を受け、
参加者が増加することでその後、ビットコイン価格が緩やかに上昇し、
取引や投資について合理的採算計算ができるような予見可能性を経済主体に与えたいと思っています。

 

そのためには、
プロジェクトREGAINで、私たちのマイニング市場のシェアを80%にします。

 

もう市場を独占した一部のグループの好きにはさせません。

 

REGAINの特徴/技術

当社はASIC技術の専門チームで、
世界最高水準のマイニングマシン「ASIC-HARDMiner3.2」を開発しました。

 

当社のスタッフは皆、ビットコインの初期の頃から関わってきており、
ビットコインのマイニングが個人のCPUで出来た時代から、
GPU、FPGAそしてASICを用いてのマイニングと変化していく中で、
第一線で活動して参りました。

 

また当社CEOのDanAffleck(ダン・アフレック)はASIC技術のパイオニアであり、
マイニングマシン業界において多くの実績を残してきました。

 

Danを筆頭として私たちスタッフは一人一人が心の底からビットコインを愛しており、
様々な分野においてビットコイン(ブロックチェーン)の可能性を信じ、
ビットコインの未来を確信しています。

 

その未来を、
当社のマイニングマシンを用いて実現していきたいのです。

 

マイニングマシンの特徴

当社のマイニングマシンは、
消費電力の削減、ファンの強化により冷却性能を高めることに成功しており、
すでに多くのマイニングプールに提供しています。

 

当社CEOのDanAffleck(ダン・アフレック)は、IBMを退職後、
Bitmainのオープンスタッフとしてビットコインの複雑な暗号を解くためのASIC技術の分野で研究を行い、
ASICハードウェアの開発を手掛けました。

 

その傍らBitmainの子会社でもあるAntpoolにも在籍し、
ASICハードウェアのメンテナンスやアップグレード、
さらにはコンピュータの冷却システムを発案、
ランニングコストの削減に大きく貢献しました。

 

なおAntpoolは現在でもマイニング市場でハッシュレート率1位を維持しています。

 

その後、BitmainCEOのウ・ジハン氏との思想の違いから2015年6月Bitmainを退社、
2015年7月REGAIN社を創設、
ASIC技術の専門チームを構成し「ASIC-HARDMiner3.2」を開発しました。

 

さらに、2018年9月には、
ハッシュレートを大幅にアップさせた「ASIC-HARDMiner4.1」が完成予定です。

 

このマイニングマシンの最大の特徴はハッシュレート16.6TH/sと、
現在のハッシュレートとしては世界最高水準のマイニングマシンであることです。

 

HARDMINERの特徴

以下の表は当社のマイニングマシンHARDMinerと他社のものを比較した表になります。

 

 

ハッシュレートとは作業効率を表す数値で大きければ大きいほど、
マイニング能力が高いマシンとなります。

 

消費電力は電気代金に直結しますので、
もちろん小さいに越したことはありません。

 

冷却性に関しては、冷却性が高いほどマシンの性能を高く保て、
また故障率も下がります。

 

それらの観点で、他社製品と比較しますと、
HARDMinerは全ての点で優れています。

 

常に高性能なマイニングマシンが開発されていく業界でも、
当社は他社との競争に勝ち続けるだけの優秀な人材と開発における技術力に自信があります。

 

市場健全化への第3の対応策

マイニング業界のシェアを確保するため、
高性能なマイニングマシンの開発に取り組み「報酬確保率アップ」と「電力コストの削減」を実現した当社ですが、
それだけでは市場の健全化を図ることはできません。

 

なぜなら高性能なマイニングマシンを販売すれば、
資本力のある大手のマイニングプールが買い占めてしまい、
資本も少なく小規模なマイニングプールは利益が上がらず、
最終的には閉鎖に追い込まれてしまうためです。

 

それでは結局、元の木阿弥です。

 

そこで当社は、
すべての方に公平に導入していただくためにマイニングマシンを販売するのではなく、
マイニングマシンで得たマイニング報酬をマイニングプールと50:50の関係で提供することを提案し実現しました。

 

本来であるならばマイニングプールは機材投資として

マイニングマシンの代金
マイニングマシンの設置代金
マイニングマシンのテスト期間に掛かるコスト

を支払う必要がありますが、
私たちの提案する方法を用いれば、
マイニングプールが負担する機材投資費をゼロにすることができ、
小規模なマイニングプールにもマイニングマシンを提供することができるようになりました。

 

現在、寡占化しているマイニング市場も、
各マイニングプールが自由に他社と競争できる自由競争市場になり、
市場にとってより良いものが生まれる環境が出来上がると考えます。

 

それは、今後も永続的にお互いの収益性及び技術の向上があるプランです。

 

ライバル業者は多く存在し、
Bitmain社やNASAの研究チームも高性能なマイニングマシンを開発中ですが、
当社の技術力はそれを超えるものと自負しています。

 

「報酬確保率アップ」「電力コストの削減」「機材投資費ゼロ」

これにより、マイニングマシン業界のシェアの約80%を確保し、
ビットコイン市場を健全化することができるのです。

 

すぐに時代遅れになるマイニングマシン

すでにご自身でマイニングをしている方、
他でクラウドマイニングをしている方は、
最新のマイニングマシンもすぐに時代遅れになっていくことをご存知でしょうか?

 

マイニング市場は常に最先端の技術が必要とされ、
まさに果てしない軍拡競争と言え、
どのマイニングプールも自身の競争力を保つためマイニングマシンを定期的にバージョンアップしていかなければなりません。

 

最新のマイニングマシンが出れば当然、
そちらに切り替えざるを得なくなります。

 

有名なムーアの法則では、ハードウェアの処理能力は、
「おおよそ1年半から2年で2倍にまで技術が進歩する」と言われておりますが、
ビットコインのマイニングマシンでは、競争の激化でニーズが高まり、
最盛期では半年ごとに処理能力が2倍のハードウェアが誕生する程です。

 

つまり、半年後にはすでに時代遅れの古いマシンとなり利益効率は下がってしまうのです。

 

REGAINなら、できる

自身でハードウェアを持つことやクラウドマイニングでマイニングの権利に投資することは、
一時期の利益を得ることはできたとしても、
すぐに利益効率が低下していき、
永続的に安定した利益を得ることは困難です。

 

先述の通り当社のマイニングマシンは、
他社より優れたハードウェアを持っておりますが、
利点はそれだけではありません。

 

当社では、マイニングプールに設置したマイニングマシンの稼働効率を、
インターネット回線を利用してリアルタイムで共有し、
異常発生時のダウンタイム(マイニングマシンの停止期間)の短縮をはかり、
安定した稼働効率を保ちます。

 

さらには、管理用アプリケーションの機能追加や操作性の向上などをすべて遠隔操作で行い、
常に最新のマイニングマシンにバージョンアップを行います。

 

当社では世界最先端技術で、
常に最新のマイニングマシンにバージョンアップしていきます。

 

これにより永続的な報酬の確保が可能となりました。

 

ここまで述べたきました通り、以下の3つを実践することによって、
当社のマイニングマシンは必ずマイニングマシン業界のシェア80%を確保し、
独占されないユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、
ビットコイン市場の安定を実現させます。

 

永続的な報酬確保率アップ
・世界最先端技術のバージョンアップを遠隔操作で管理し安定した
高いハッシュレートを維持することで実現

電力コストの削減
・消費電力の削減とファンの強化による冷却性のアップで実現

機材投資費ゼロ
・マイニングプールと利益を50:50(フィフティ・フィフティ)の関係にすることで実現

 

REGAINの資金調達(ICO)

REGAINは「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、
ビットコイン市場の安定」の実現を目的としたプロジェクトです。

 

プロジェクトの目的達成のために、REGトークンを発行し、
クラウドファンディングモデルを活用してInitialCoinOffering(ICO)によって資金を調達します。

 

私たちは、信頼できるテクノロジーを活用することで、
ユーザーに安心して利用できる環境を提供するのが努めであり、
使命だと考えています。

 

当初は、従来のICO案件に多く利用されるCounterpartyやEthereumのERC20など、
当社にとって利便性の高い(=独自トークンを発行し易い)ブロックチェーンの利用も候補に挙がりましたが、
投資案件であるユーザーの記録がグローバル化してしまうことは、
ハッキングのリスクを伴う恐れもあり、
大切な情報を管理する上で、
私たちのモデルには合いませんでした。

 

そこで、私たちは秘匿性を重視し、
コンソーシアムブロックチェーンを構築したCordaの金融取引を記録・処理するための分散台帳プラットフォームを基に独自のプライベートブロックチェーンを設計しました。

 

Cordaが使用するUTXOは、
多数の取引を同時に支障なく処理することやプライバシーを重視するといった目的のため使用される方式であり、
汎用的な機能を重視したEthereumではUTXOのような構造は使用されておらず、
ユーザーの秘匿性を重視する点や、
ブロックがマイニングする時間に左右されず、
任意の時間に正確にトランザクションを実行することが可能な点など、
私たちが大切にしてきた
「ユーザーに公平な機会を与える」
という使命に共通する点が多くCordaを選択しました。

 

Cordaが定義するスマートコントラクトでは、
安全で一貫性があり、信頼できてプライバシーも確保された方法で取引を記録・管理することが可能になります。

 

これはユーザーに安心して利用できる環境を提供するための、
現在の最善の選択ではありますが、
今後新たなプラットフォームが定義され更にニーズに合ったアプリケーションも出てくることも考えられます。

 

そのような場合、
私たちは柔軟にユーザーの利益を考えて選択します。

 

ICOで調達した資金は、マイニングマシンの開発費、
マーケティング費及び2018年2月以降、マイニングプールへの「ASIC-HARDMiner3.2」の増設に使用されます。

 

また出資者に対してREGトークンという独自トークンを発行します。

 

REGトークン所有者には、
当社が受け取るマイニング利益のうち60%(※1)
を分配して得ることができます。

 

つまりより多くのREGトークンを持っている方が、
より多く分配を手に入れることができます。

 

また、この分配はスマートコントラクトによって確実に自動で実行されます。

 

(1)プロジェクトREGAINで増設したマイニングマシンで得たマイニング利益をマイニングプールと50:50に分配し当社が受け取る50%のうちの60%(つまり全体の
30%相当)になります。

 

REGトークンの特徴、権利

私たちが用意するREGトークンは、以下の特徴、権利があります。

 

・当社が受け取る利益のうち60%を分配して得られる権利があります
・配当の権利はスマートコントラクトにより確実に自動で実行されます
・プライベートブロックチェーンにより秘匿性が重視されています
・REGトークンは独自ウォレットで管理されます
・配当は独自ウォレットにBTCで支払われます
・1REGトークンあたりの配当は0.148256BTC/月〜が想定されます
・配当日は月末日(12:00PMUTC+4)締めの翌月15日(12:00PMUTC+4)払いです(※2)
・配当を得られる権利は、マイニング市場の著しい変化が起きない限り半永久的に与えられます
・REGトークンの取引はICO終了後可能になります。

※上記の数値は、マイニングの環境が現在の状況から、全ての条件が変わらないとい
う前提での試算となります。

(2)配当が月末締めの翌月15日払いについて、
クラウドマイニングなどで配当の支払いが毎日支払われる業者もありますが、
現在の変わりゆくマイニングの環境下において月平均での配当の予測は可能ですが、
一日一日の確実な配当の予測は非常に困難な状況です。

そのため毎日配当を支払いしていく状況は経営上、
非常にリスクと考えます。

私たちは、安定・安心な経営を行うため、
配当の支払い方法に月末(12:00PMUTC+4)
締めの翌月15日(12:00PMUTC+4)払いを選択しています。

例)2018年8月分配当:締日2018年8月31日支払日2018年9月15日

 

ボーナス

私たちのプロジェクトREGAINに賛同し、
10REG以上支援している貢献者には、
REGトークンの配当である、
当社が受け取るマイニング利益60%のところ65%分の権利を有します。

 

私たちの想い

今回私たちは、REGAINのプロジェクトに賛同してくれる人を募集しています。

 

これは、ただの利益を求めるためだけのものではありません。

 

心の底からビットコインの発展を望み、信じ続けられる、
共にビットコインの未来に向けて歩んでいく人の参加を必要とします。

 

そのため、私たちはREGトークンの流動性を望んでいません。

 

もちろん取引所に上場すれば流動性は発生しますが、
実際の売買は市場が決めることです。

 

私たちは、
多くのユーザーにビットコインの現状を理解していただき、
中長期的に賛同していただける方との関係を築いていければ、
とても喜ばしいと考えております。

 

是非とも共に、私たちのビットコインを取り戻しましょう。

 

ICO(クラウドセール)詳細

クラウドセールは4回に分けて実施します。

クラウドセール第1段階、第2段階、第3段階は「ASIC-HARDMiner3.2」の増設のため、
第4段階では「ASIC-HARDMiner4.1」の増設を行います。

 

第1段階

第2段階

第3段階

第4段階


 

2017年12月18日公開予定